Skip to content

詳細を見る

若者の「活字媒体離れ」について

現代の消費者は、新たな読書習慣を取り入れており、ウェブベースおよびモバイルでの電子雑誌の購読者が増える中、印刷媒体とデジタル形式の組み合わせも多くなっています。モバイルデバイスで読書をしていたとしても、読者の多くが、印刷媒体と同じものを求めているのです。

スマートフォンやタブレットを中心に、モバイルデバイスは、デジタル形式が提供するすべてのインタラクションのおかげで、高品質なマテリアルを提供することができます。そして雑誌媒体は、テクノロジーに詳しい現代の顧客の絶えず変化する要求に応えるため、変化と進化を続けているのです。

デジタルコンテンツの利用者やデジタル媒体利用者の動向によって、タブレット、スマートフォン、コンピューターであっても、印刷媒体と同様の使い勝手が求められていることが明確になりました。最新のスマートフォンのみならず、iPad、Kindle、電子書籍リーダーデバイスなどのタブレットは、印刷媒体と酷似しつつも多くの付加機能を備えており、全く異なる読書体験を提供しています。

タブレットやスマートフォン利用者は、インタラクティブな要素を兼ね備えつつ、印刷媒体に似た読書体験を期待している一方、一般消費者はデジタル革命の現段階にあっても、依然として、ニュースを印刷媒体とデジタル媒体の両方で読むことを好んでいるようです。

しかし、読者の多くが依然としてニュースを従来のように読みたいと望んでいる一方、特に、一旦時間を割いて新しい媒体について調べ、使い方を覚えてしまった読者は、インタラクティブな読書を好む傾向が高まっています。

全般的には、これまでのところ、雑誌の定期購読者はデジタルサブスクリプション体験に満足しているように見えます。電子雑誌の定期購読者が最も満足している利点は、利用しやすく、購読の継続がしやすいことです。

そのため、ネイティブアプリ開発者は、デジタル形式に投資している雑誌出版社にとってますます重要になってきています。というのも、視覚的で多様性があり、様々な要素を含む雑誌のコンテンツは、デジタル形式への切り替えが容易で、ネイティブアプリは出版社と利用者の両方の需要を満たしているからです。

一般的な新聞や経済新聞の読者と比較して、雑誌購読者は長期にわたって雑誌のネイティブアプリを使う傾向にあり、アプリが無料である場合、アプリ内の広告を受け入れて対応する傾向もあります。また、関連するサービスやオファーを受けるために、位置情報や年齢など、補足情報を提供する傾向があるようです。

digital_transformation
Back to top